« 休日思考が価値を生む | トップページ | ごはんのまつり »

2008年3月 1日 (土)

流行語と若者の略語

数年前のことだが、あるハンバーガーショップで、滅多に食べないハンバーガーを注文し、店員が品物を渡しながら、流風に向かって、「ビミョウ」と言ったのを覚えている。しかし、あれは流風の何に対して、そう言ったのか、未だに不明である。

漢字にすれば、「微妙」であろうが、そういう意味とは違って発しているようで、嫌な感じだった。店員教育はどうなっているのだろうか。その店は、その後、利用していない。多分、あの店員はもういないだろうが。

この「ビミョウ」は、最初は若い女性が言っていたのに、最近は、中年のおばさんも、よく言っているのを見かける。先日、スーパーのレジの女性が発していた。ただ似合わない(笑)。日本語も、ある意味、進化しているのかもしれないが、ちょっと変な感じ。

ところが、その流風が、ある売り場で、「ビミョウ」を発してしまった。ということは、流風も、その「ビミョウ」が身体に宿ったのかもしれない。ちょっとショックだ(苦笑)。

そういうと、最近のローマ字略語も広まるのだろうか。略語というのは、どの時代にもある。特に若者は、何でも略したがる。それを新しい感覚と捉えがちだ。

ただ、この略語がわかりにくいのは、ローマ字にしているからだろう。最近のローマ字略語が、日本語を省略するか、英文字を省略するかの違いとわかるには、少し時間がかかった。

しかし、仲間言葉としての隠語という捉え方では違和感はない。自分たちだけの言葉空間を創りたい気持ちもわかる。それは若い人特有の、自分たちは他と違うのだという気分(主張というほどのものでもなさそうだ)の一つの表現方法なのだろう。

結局、こういうことは別に特別扱いしなくても、いつの時代も、若者は新しい言葉が好きだった。省略語は流風の世代も作っていたし、そういうことは世代を超えて繰り返されるのだろう。そして、これらのいくつかが残って、広辞苑にも掲載されるようになるのだろう。

|

« 休日思考が価値を生む | トップページ | ごはんのまつり »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 休日思考が価値を生む | トップページ | ごはんのまつり »