« 得意という惰性 | トップページ | 日本銀行総裁選び »

2008年3月 7日 (金)

問題意識を持つ

問題意識を持って成功した人は多い(*注)。一般人が、現象面を、ただ、ぼんやり見ていて見逃すことも、問題意識を持っていると、新しい課題を見つけ出すことができる。

問題意識とは何か、と問われることも多いが、世の中の常識の中に、おかしな点を見つけ、自ら課題化し、解決方法を探ることと言えようか。

こういうことは、必ずしも学校教育では教えていないようだ。いや、教えられないというべきか。人々は、皆、課題を見つけ出す能力を持っているが、そういう立場にならないと、なかなか問題意識を持つに至らないということかもしれない。

問題意識を持つには、実際に見聞を広げて、矛盾点を見つける作業をした方が効率がいい。この世の中は、完成されてはいない。一時的な完成点は見出せても、常に、それは変化する。

だから、現状に満足すれば、たちまち問題が生じる。つまり世の中は、時の変化と共に、常に未完全な状態である。完全な状態のように見えても、常に未完成で矛盾を抱えていると言えよう。

だから、本来、誰でも、矛盾点は見つけられるはずである。問題は、いかに問題意識を持って、課題化できるかにある。課題化ということは、原因・結果の原則で解決できるということである。そういう道筋を作った人が、成功した人のほとんどと言えよう。

*注

本来は、「問題意識を以て」が正しい表現だが、敢えて、「意識を持つ」とした。「意識を持つ」とは、変な表現かもしれないが、流風的には、そのように感じている。「以て」より、「持って」の方が、更に踏み込んだ感じのニュアンスだと思っている。

|

« 得意という惰性 | トップページ | 日本銀行総裁選び »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 得意という惰性 | トップページ | 日本銀行総裁選び »