« 功名心を漢詩「述懐」から見る | トップページ | 適材適所ということ »

2008年3月21日 (金)

灘の酒蔵探訪

3月1日より、灘の酒蔵探訪として、毎年恒例の「灘の酒蔵スタンプラリー」が始まっている。ゴールデンウィークまで開催される。11箇所の内、3箇所のスタンプをもらって、応募すれば、抽選でホテルの宿泊券など、いろんなものが当たる。

酒造会社は、宮水の関係で、多くが、海の近くにある。宮水は、塩水と六甲山から地下に流れてくる水との境界にあるらしい。混血が美しいように、水も同じことが言えるのかもしれない。

そういう水で、できたお酒は、美味しいらしい。流風は、残念ながら、酒党ではないので、わからない。それより酒蔵の雰囲気が好きで、毎年見に行っている。それぞれの酒造会社が、甘口、辛口の特徴を競いながら、試飲させてくれる。それが目的ではないが、試飲は一応厚かましくしている。試飲だけで酔ってしまう安い酒だ。

さて、今年はいつ行こうかな。ちょっと、行きそびれている。

*追記

交通は、阪神電車が便利だ。魚崎駅から大石駅の間に、酒造会社が並んでいる。すべて歩いて行くのも可能だが、初めての方は、どこかで乗り継いで行った方がいいかもしれない。

|

« 功名心を漢詩「述懐」から見る | トップページ | 適材適所ということ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 功名心を漢詩「述懐」から見る | トップページ | 適材適所ということ »