« 投資家の性 | トップページ | 親にお上手 »

2008年3月 3日 (月)

『四看』ということ

企業において、人の評価は本当に難しい。営業でさえも、単なる結果の数字だけでは評価できない。今はプロセスも問われる。プロセスが悪ければ、結果も、企業にとって将来問題になるからだ。

ところで、四看という言葉がある。呂新吾の『呻吟語』にある。人の評価は、多面的な観察からなされるが、呂新吾の考え方はさらに広さと深さがある。能力、胆力、心の広さ、深さ、鍛錬などを評価の基準にしているようだ。それは次のようなものだ。

   大事難事に担当を看る。

   逆境順境に襟度を看る。

   臨喜臨怒に涵養を看る。

   群行群止に識見を看る。

大事難事に担当を看るとは、困難にぶつかった時、逃げずに仕事を処理できるかどうか。平時に大きな事を言っていても、実際の難しい局面に立った時、結構、動けない人が多い。そういう場面になって、初めて真の能力があるかどうかがわかるものだ。もちろん、ある程度の経験は必要だが、それだけでは決まらない。

そして、いつでも、慌てず騒がず、淡々と処理できる人がいるかどうか。そういう人は、淡々と普通に処理してしまうため、目立たないものだ。それをきちんと観察して評価する仕組みができているだろうか。

次に、逆境順境に襟度を看るとは、逆境順境でも、心のブレが少ないことを望んでいる。上記のことと重なるが、逆境でも、それはいつまでも続かず、いつかは元に戻るとの確信の下、辛抱強く対応でき、また順境の時も、驕ることなく、将来の逆境に備えることができるかどうか。

臨喜臨怒に涵養を看るとは、人は喜ばせたり怒らせたりするが、その裏にあるものを深く読み取って、そういうものに左右されない心の鍛錬ができているかどうか。基本的には、人を知ることから始まる。世の中には、いろんな人がいる。いろんな考え方がある。いつも述べているように、嫉妬社会でもある。そういうことを踏まえて、人の発言を粛々と受け止めているかどうか。

群行群止に識見を看るとは、多くの人の前に出ても、自分の立場を弁え、自分の哲学に基づき、淡々と冷静に振舞えるかどうか。時代の流行に流されず、空間的、時間的、根本的な視野から、じっくり自分の見解を述べることができるかどうか。

人の評価は難しいが、単に成績がよいだけで、管理者にしてはいけない。基本的に人物であるかどうかが決め手にならなければならない。結局、トップは、各人に関する情報を多面的に収集する仕組みを作っておかないと、正しい評価は難しい。

|

« 投資家の性 | トップページ | 親にお上手 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 投資家の性 | トップページ | 親にお上手 »