« 常備野菜と規格外の野菜 | トップページ | 後進に道を譲る »

2008年4月 7日 (月)

あほな奴

東京では、「あほ」と言われると怒るそうだが、関西では、「馬鹿」と言われると気分が悪い。今回は、「あほ」を取り上げてみよう。「あほ」を売り物にして有名になった漫才師もいるが、そもそも関西では、あほな奴ほど可愛がられる。彼は演じているだけで賢い人だが。

この言葉の裏には、もちろん、思慮が足りないという意味があるが、それだけではない。愛すべき奴やなあ、という意味も含まれている。全てを計算づくでやる人には、そのような呼び方はされない。

むしろ脇が甘く、どこか抜けているように思わせる雰囲気を持っていると、そのように呼ばれるようだ。だから、「あほ」と呼ばれる人が、本当に「あほ」かと問われれば、そうとも言い切れない。そうかといって、「あほ」を演じている人が「あほ」かと言われると、それは真の「あほ」ではない。それは、まがい物の「あほ」だ。

真の「あほ」は、周囲に「あほ」だと感じさせ、本人も一途に「あほ」になっている。それが一時的でないから、なんか助けたらなあかんなという雰囲気になる。

でも、本来、人間は、「あほ」ばかりではないか。他人のことは、「あほ」な奴と笑いつつ、基本的に、皆「あほ」だと思う。人の「あほ」は見えても、自分の「あほさ加減」はなかなかわからないのだろう。こんなブログ書いている流風も「あほ」なんやろうな。

|

« 常備野菜と規格外の野菜 | トップページ | 後進に道を譲る »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 常備野菜と規格外の野菜 | トップページ | 後進に道を譲る »