« 大器晩成はあるのか | トップページ | 出世主義は悪いか »

2008年7月27日 (日)

家の匂い

家には、人と同様、それぞれの匂いがある。それは住む人が決めていくのだろう。確かに、子供の頃、親戚の家に行って、すべて違う匂いだったので、家の違いを知ったものだ。いい匂いの家もあれば、そうでない家もある。それは好き好きなのかもしれない。

そして、家の匂いを作るのは、ほとんど女性だということだ。祖母の家は、祖母の匂いがしたし、伯母の家は伯母の匂いがした。そして、流風家は、母の匂いだ。男は、一人住まいのうちは、独特の匂いを発するが、結婚すると、家の匂いは変わってくる。それは奥さんのつくる匂いに、男の匂いが消されるからだろう。

だから、女性は、夫が違う匂いを持って帰宅すると、敏感に感じ取り、夫を責めることになる(笑)。そういう意味では、女性は匂いというのは、強い自己主張と言えなくもない。男も体臭とかオーデコロンをつけたりして、匂いを主張することもあるが、全般的には、女性が匂いをコントロールしているのだろう。

さて、あなたの家は、どんな匂いですか。

|

« 大器晩成はあるのか | トップページ | 出世主義は悪いか »

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大器晩成はあるのか | トップページ | 出世主義は悪いか »