« 異常なドル高は迷惑 | トップページ | 政争と蝸牛角上 »

2008年8月29日 (金)

パンダ誕生とパンダの映画

神戸市立王子動物園で、人口受精によるジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生したようだ。どこかの知事は、パンダ外交で、パンダはいらないと仰ったらしいが、日本で生まれるのが増えたら、確かに、もういらないかもしれない。借り賃も高いしね。

とは言っても、まあ、この赤ちゃんも、いずれ中国に引き渡す約束らしいから、いくら日本で生まれても、日本ではパンダは増えない。労多くして、成果少なし、ということか。それでも人工授精が今後、どのように進化していくのか、わからないが、今後の展開を見守りたいと思う。

でも、赤ちゃんは、いつ公開されるのだろうか。三ヵ月後ということだから、年内にはお披露目があるかもしれない。久しぶりに動物園に行きたくなった。

また、もうすぐ『パンダフルライフ』という映画が公開されるが、何ともタイミングの良い、パンダの赤ちゃんの誕生だ。ちゃんと計算していたのかな。まず、これを観に行くか。我ながら、ミーハーだな(笑)。

*追記

残念ながら、本日29日、パンダの赤ちゃんが死んだと発表があった。今後に期待しよう。

*参考  『パンダフルライフ』  8月30日より全国ロードショー

       http://www.pandaful.jp/

*参考 神戸市立王子動物園  

       http://www.ojizoo.jp/

|

« 異常なドル高は迷惑 | トップページ | 政争と蝸牛角上 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 異常なドル高は迷惑 | トップページ | 政争と蝸牛角上 »