« 青森のりんごジュース偽装 | トップページ | 男らしい男とは »

2008年8月 6日 (水)

ステテコ一丁

子供の頃、父がステテコ一丁で、家の中はもちろん、近所をうろうろするので、母が非常に嫌がっていた。しかし、父は改めようとせず、「この方が楽なんだ」と言って、それで通した。

流風は、長い間、ステテコの着用はしなかったのだが、さすがに、この歳になると、夏の蒸し暑い季節に、ズボンは短ズボンでも、少々苦痛になってきたので、ステテコを購入し、試した所、大変楽なことがわかった。

まず何と言っても、軽い。ズボンのように物は入れられないが、そんなことを気にしなければ、結構快適だ。父がステテコ姿に執着したのが、やっとわかった気がする。身体も軽く、心も軽くなる。蒸し暑い時期には相応しい。

始めは、さすがに屋外に出るのは、近所の手前、遠慮していたが、段々厚かましくなって、家の外に出ている。それでも、一応、庭ぐらいで、さすがに外出はしていない。ステテコが下着なのか微妙だ。これで外を歩けば、軽犯罪法に触れるかもしれないと思うからだ。

そのステテコ、父が愛用していたのは麻製だ。流風は、綿のものを使っているが、汗をかくと、どこか肌にまとわり付きそうな感じを受ける。ちょっと高額だけど、麻のステテコを入手しようと思う。でも、混麻ぐらいから始めるか(*注)。

*注

混麻製は、綿製より高いが、麻製よりはかなり安い。そういうことで、懐具合と相談だ(笑)。

*2009年8月12日追記

若い人の間で、ステテコが流行っているらしい。ただし、白色ではなくて、デザインステテコだ。これなら、ちょっとした出歩きが可能かな。また女性の冷え防止のために、ステテコが愛用されていると言う。こうなれば、隔世の感じだ。

|

« 青森のりんごジュース偽装 | トップページ | 男らしい男とは »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青森のりんごジュース偽装 | トップページ | 男らしい男とは »