« 景気対策の行方 | トップページ | 異常なドル高は迷惑 »

2008年8月27日 (水)

元首相の方々は、すぐに引退を

元首相の方々がいろいろ発言して、物議を醸しているが、彼らの存在は正直言ってうっとうしい。首相在任中に、どれだけの成果を上げられているだろうか。後輩議員に影響力を残したいのだろうが、これは政治を停滞させかねない。

そもそも首相になった方々が、議員に留まるのも、けったいなことである。双六であれば、上がった人が、そこにいるはずがない。彼らは、即、引退して、他国の首脳同様、思い出(回想録)を出版でもすればいいのだ。

次の選挙では、引退して、選挙には出ないでもらいたい。選挙民の方も、世代交代を意識して、新しい議員を選んでもらいたいものだ。

*平成20年9月25日追記

小泉元首相が引退を表明をされたようだ。賢明な判断と思う。他の元首相たちも早く引退してもらいたい。

|

« 景気対策の行方 | トップページ | 異常なドル高は迷惑 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 景気対策の行方 | トップページ | 異常なドル高は迷惑 »