« 布引の滝と行平・業平兄弟 | トップページ | 玉手箱を開けてはならないか »

2008年9月17日 (水)

米金融破綻と日本の金融機関

サブプライムローンの破綻以後、色々噂されていた米金融機関が次々と破綻している。これはかつての日本のバブル崩壊と同じプロセスを歩んでいるように思う。リーマン・ブラザーズの破綻は、山一證券の破綻と同じ様なものだろうか。

しかし、リーマン・ブラザーズの場合は、日本市場においても、ライブドアなどを利用して、危ない取引に手を出していた。彼らの企業体質が破綻を生み出したとも言える。これは一部の社員の暴走で破綻した山一證券と異なり、企業全体が腐敗していたような感じだ。

もちろん米金融界全体が、サブプライムローンなどの過剰信用創造によって、破綻したのも事実だろう。やはり不健全な経済発展は、そのマイナスの影響も甚大ということだろう。

そして、翻って、日本の金融機関を見てみても、バブル崩壊時同様の状態だった。その後、約十年を経て、バブル崩壊を脱したからと言って、金融機関がしっかり機能しているかといえば、そうではないだろう。

それは、これだけ日本銀行の政策金利が低いのに、利益を十分に出していないことからもうかがえる。法人税さえまともに支払っていないのだ。日本の銀行は、バブル後の後遺症は依然として深く、人材が十分でなく、実質機能していない。

それは、実際、大手銀行の行員と話せば、すぐわかる。あまりにもレベルが低い。リストラされて、残った行員のレベルにも問題があるのだ。これで、銀行の行員が務まるのかと思うことは度々だ。新人ならともかく、ベテランにして、そのようなのだ。本部にも、大した人材がいないと推定できる(*注)。

そして、今回のリーマン・ブラザーズの破綻に伴い、日本の金融機関もかなり大きな痛手を被る可能性も高い。米政府が財政赤字で救済しないということだが、それほどに内容が悪いということだろう。

そんなところに投資または融資して利益を上げようとした日本の金融機関の調査能力には疑問を感じざるを得ない。そう言うと、欧米の金融機関と比べれば、被害は少ないなどと言うが、そんなことと比較することに何の意味もない。自らの能力を棚上げしているだけのことだ。

日本の金融機関も、もっと地道な努力をして、社会貢献すべきだろう。投資家への配慮も必要だが、まず安易に利益を上げようとする姿勢は改めるべきだろう(利益を上げることは大切だが、その仕組みが十分ではない)。社会的に見て、銀行の存在意義を再確認し、明確な企業哲学を有し、多くの人々から支持され、周辺の利害関係者からも支持されるよう、バランスよく堅実な道を歩んで欲しい。

そうすれば、仮に危機に陥っても、いろんな協力者が現れるだろう。日本のマスコミも、米国の金融機関危機について、騒ぐだけではなく、足元の国内の銀行の経営姿勢をもっと問題視すべきだろう。

*注

日本の金融機関の人たちは、名刺にいろんな資格を記しているが、ほとんどが無用の長物と思われる。テクニカルなことにいかに知識があっても、現実の経済を見通す眼がなければ、それらは意味をなさない。多分、資格を得ることに汲々としているのだろう。多くの人々は、その役職名や資格に惑わされてはならないだろう。彼らは素人と思った方が間違いがない。

|

« 布引の滝と行平・業平兄弟 | トップページ | 玉手箱を開けてはならないか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 布引の滝と行平・業平兄弟 | トップページ | 玉手箱を開けてはならないか »