« 湖上の愁い | トップページ | 道真の『秋思詩』 »

2008年10月17日 (金)

中国製冷凍インゲンの事件

中国製冷凍インゲンの事件が起こっている。原因は不明だが、故意の可能性があり、事件性が強いとの報道だ。流風は、野菜の冷凍品は全く購入しないので、被害にはあっていない。

大体、野菜の冷凍品を買うこと自体、良くわからない。野菜は、調理して冷凍するのならわかるが、野菜の冷凍品を買うなんて、ちょっと考えられない。茹でるのも手抜きしたいのか。インゲンなんて、買ってきて、茹でて冷凍すればいいではないか。それさえもできないと言うのか。そこまで家事を手抜きする必要があるのだろうか。それに冷凍品で野菜を一年中食べようという発想もおかしい。

まあ、それはそれとして、今回の事件は、故意とすれば、何らかの意図があるということになる。それは中国内の問題なのか、日本に対する嫌がらせなのかはわからない。あるいは、何らかの事情で経営者を困らせようとしているのかもしれない。

製品に穴などは開いていないというから、それは生産地で薬品が仕込まれた可能性が高い(*注追記参照)。野菜の生産過程で問題が無いとすれば、後は包装過程で、薬品を入れた可能性が高い。事実関係を早く調査して公開してもらいたいものだ。政府も過度に外交問題に発展するのを心配すべきではない。国民を守ることを優先すべきだ。

また専門家によると、輸入野菜や加工品をなくすことはできないと言うが、そうだろうか。それは一般家庭というより、外食産業や中食産業に対しての言葉だろう。コストの問題があるのだろう。よって外食産業や中食産業で、我々は必ずしも安全とは言えないヘンな物を食べさせられている可能性は高い。

しかしながら、一般家庭向けには、少なくとも、このような冷凍商品は国産に切り替えても、十分やっていけるだろう。改めて、専門家の常識と一般人の常識は異なることを理解した。また輸入野菜や加工品に頼る食品産業、商社、流通産業、外食産業や中食産業は意識転換が望まれる。そうしないと、国民から見捨てられるだろう。

*平成20年10月17日追記

問題の商品の空気穴の近くに約1ミリの穴が開いていることが判明したらしい。そうなると、事件は、いろんな場所で考えられ、工場外も考えられることになる。袋に製品にしてから穴が開けられたのか、製品になる前から穴が開けられていたのか、解明が望まれる。

|

« 湖上の愁い | トップページ | 道真の『秋思詩』 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湖上の愁い | トップページ | 道真の『秋思詩』 »