« 薬物犯罪には罰則強化を | トップページ | 意味のない政策金利利下げ »

2008年10月31日 (金)

阿吽の呼吸

人間、それぞれ、立ち位置が違うため、近くにいても、二人でも呼吸を合わせることはなかなか難しい。二人の呼吸の合うことを、「阿吽の呼吸」などと称するけれども、合うというのは稀な気がする。むしろ、無理やり、合わせようとすれば、それは無理が来る。合わないことを前提に物事を進めた方がいいのかもしれない。

さて、「阿吽(あうん)」については、多くの方がご存知であると思うが、念のために記せば、「阿吽」はサンスクリット文字の音写で、「阿」は最初の韻で、「吽」は最後の韻である。前者は口を開いて最初に出す音で、後者は口を閉じて最後の音である。転じて、前者は呼気であり、後者は吸気とされる。すなわち、二つ合わせて、「呼吸」である。

これで思い出すのが、呼吸の仕方だ。よく吸って吐いている人を見かけるが、実際は、吐いて吸うのが正しい。「阿吽」を知っておれば、間違わないと思うのだが、意外と知らない方が多い。さあ、明日から正しい呼吸をしよう(笑)。

ところで、どこかの政党さんは、選挙の実施時期について、なかなか阿吽の呼吸という風には行かないようだ。各党の思惑入り乱れ、有権者の国民は、どこへ。有権者としては、いつやって頂いてもいいよ。どうせ不在者投票だから、投票日は関係ないし。もちろん、棄権なんて馬鹿なことはしない。

|

« 薬物犯罪には罰則強化を | トップページ | 意味のない政策金利利下げ »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬物犯罪には罰則強化を | トップページ | 意味のない政策金利利下げ »