« 園芸と適材適所 | トップページ | 政府備蓄米は安全か »

2008年10月 4日 (土)

おかゆの朝食

中国や台湾では、朝の朝食は、お粥が多いと聞いたが、先日、朝の朝食をお粥にしてみた。2,3日、胃腸の調子がやや重いので、パン食にしようと思ったが、御飯が余っていたので、お粥を作ってみた。

お粥は、熱を出して寝込んだ時以外、食べないが、食べてみて、これはなかなかいい。胃腸への負担も軽そうだ。案の定、お粥を続けると、胃腸は回復した。これ以後も、これに味をしめて、時々、作っている。

おかずは従来どおり(漬物、具いっぱいの味噌汁、梅干、玉子焼きなど)だが、納豆の買いだめがあったため、どうするか迷った上、お粥に入れてみた。いつものように、辛子と出汁醤油を混ぜて、お粥に落として混ぜて食べると、豆粥のようになって、意外と美味しかった。

これは癖になりそうだ。流風にとっては、瓢箪から駒ということになった。ちょっと、朝食が楽しくなった。

|

« 園芸と適材適所 | トップページ | 政府備蓄米は安全か »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 園芸と適材適所 | トップページ | 政府備蓄米は安全か »