« 国連による日本の死刑批判は余計なお世話 | トップページ | 誤算の人生 »

2008年11月24日 (月)

ワケギ料理の季節

ワケギがやっとスーパー等に出回ってきた。しかし、大きいスーパーは探しても置いていない。あまり売れないのかもしれない。とういうことで、今回は地域スーパーで入手。この時期はどこでも広島産だ。広島しか作っていないのだろうか。ネギの一種だから、作るのは、そんなに手間はかからないと思うのだが、売れないのかな。

そして、早速料理。まず、わけぎのぬただ。子供の頃から好きで、父から、こいつは将来、酒好きになると心配したが、そういう風にはならなかった。まあ、酒のあてにはいいのだろうけれど。料理はいたって簡単。3cmほどに切って、茹でて、絞って、酢味噌で和えるだけだ。

男でも簡単に出来る。酢味噌を作るのが大変だと言う向きには、最近は、酢味噌がチューブに入ったものや、小分けしたものが売られているから、それを和えれば、すぐ出来上がりだ。

それが勿体無いという方は、酢味噌をつくればいい。白味噌と砂糖を3対1程度の比率で混ぜ合わせ、酢1.5程度を少しずつ入れながら、のばしていけばいい。いろんな作り方があるので、いろいろ工夫してオリジナルを作るのも楽しい。

次にネットで紹介されていた、「茹蛸とワケギの御飯」を作ってみた。米に昆布と鰹の出汁と水とあわせて、通常の水の分量よりやや少なめにして、一かけの生姜のみじん切りを入れ、茹蛸を適当に切り、ワケギは2センチほどに切ったものを入れ、酒、砂糖、醤油、塩を適量入れて、炊くだけだ。

これもなかなか美味しかった。新しいレパートリーとして追加することにする。ぬたと共に簡単だからね(笑)。男の手抜き料理という料理教室というのはどこかにないものかな。オーソドックスな料理教室では、腰が引けてしまう。

更に、おかずとしては、ナスを煮たものにした。いつもは煮干の出汁で甘辛く煮るのだが、今回は、剥きエビを酒、みりん、醤油で煮て、エビを取り出し、その出し汁に昆布とカツオの出汁と醤油、砂糖を追加して、ナスに適当に出汁が染み込むように、切れ目を入れた物を入れて煮ると、美味しい、ナスの煮物になる。食べる時に、先に煮たエビを戻して、少し煮合わせしてもいい。

後は、豆腐の澄し汁を作って、大満足。ああ、美味しかった。

|

« 国連による日本の死刑批判は余計なお世話 | トップページ | 誤算の人生 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国連による日本の死刑批判は余計なお世話 | トップページ | 誤算の人生 »