« 英語教育は選択科目で | トップページ | 最近の労働問題概観 »

2008年12月26日 (金)

目黒の秋刀魚がうまくて安い?

秋刀魚は、栄養価が高いし、昔から庶民の魚だった。そのまま焼いても美味しいし、開きの秋刀魚もうまい。秋刀魚も、最近は七輪で焼くことは、さすがに難しいが、ガスレンジでも、焼ける。それに大根おろしにポン酢の醤油で、美味しく頂ける。

ところが、秋刀魚が円高になって、輸出できなくなって、業者が困っているらしい。でも消費者にとっては価格が安いことは有り難いことだ。ただ、安いと行っても、いっぺんにそんなにたくさん食するわけにもいかない。

業者の方々は、いろいろ加工して、消費者が料理しやすいようにして、食べやすい料理として、流通させることも必要だ。缶詰だけでなく、もっと多様な加工品を提案して、流通させるべきだろう。よく野菜なども、たくさん採れ過ぎて、廃棄するということも聞くが、そういうことはせずに、もっと有効活用してもらいたいものだ。

さて、秋刀魚を題材にした落語では、あの有名な『目黒の秋刀魚』がある。ある殿様(それは赤井御門守や雲州松江の松平出羽守などがよく取り扱われているが)が、江戸郊外で馬で遠乗りをしていると、元富士(現在の東京都目黒区上目黒1丁目辺り)まで行き着いた。そうすると、農家のどこからか、いい匂いがする。農家に家来と共に行くと、それは秋刀魚を焼いているのだった。

食欲がそそったので、その農家で、御飯と秋刀魚を食べ、満足して帰館するのだが、あの秋刀魚の味は忘れられない。そのことを他の大名に言いふらしていると、筑前の殿様、黒田公は、それほど美味しいのなら、同じ物を食べたいと家来に命じて、秋刀魚を料理させる。

ところが出てきた料理は、現代で言えば、どこかの高級料亭で作ったような手の込んだ料理の上、毒見をするので、冷めたものだった。しかし、まったく美味しくない。そこで、美味しい、美味しいと言っていた、かの殿様に尋ねると、その殿様は、「果たして、その秋刀魚はどこのものかな」。応えて、「家来によると、秋刀魚の本場の房州から取り寄せたとのこと」。「ああ、それは駄目だ。秋刀魚は目黒に限る」とオチ。

相変わらず、テレビのグルメ番組では、手の込んだ料理が持て囃されているが、食してみると、そんなに美味しいものではないことも多い。また洋風料理は外国人には美味しく感じても、日本人には合わないものもある。日本料理でも、高級料亭のように、器や建物の雰囲気はいいが、料理はどうも、というものもある。外食でも同様だ。

自分で調理した方が断然うまいということもある。いい素材であれば、あとは、そんなに手を入れずとも、シンプルな料理方法で、手早く調理すれば、十分満足できるのだ。日本料理は、いかに新鮮な素材を、あまり加工せずに、作り上げることが肝要だ。人間、偉くなると、かえって真に美味しい物を味わえなくなるのだろうか。庶民でよかった(笑)。

|

« 英語教育は選択科目で | トップページ | 最近の労働問題概観 »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英語教育は選択科目で | トップページ | 最近の労働問題概観 »