« 例外に基づく立法は有効か~国籍法改正案 | トップページ | 用心のための観察 »

2008年12月 5日 (金)

大好きな焼き穴子料理

焼穴子は年中、市場に出ているが、いろんな料理に使える。穴子丼、卵とじ、穴子御飯、鍋のネタ、ちらし寿司のネタ、茶碗蒸しの具、としてなどいろいろ使える。どれも料理としては簡単で、料理初心者でもできる。

また、頭の部分は、澄まし汁の出汁にも使える。塩を少し加えて、出汁をとると、何とも言えないいい風味が出る。他のだし汁と混ぜてもいいが、そのままでもいい。後は、豆腐とネギを少々加えて出来上がりだ。

穴子丼は簡単にやる例は、適当に切って、御飯の上に乗せて、タレをかければ出来上がりだ。他には、炒めたタマネギと共に卵で閉じて、親子丼風に作っても美味しい。鍋としては、水炊きに、切った物を肉の代わりに入れてもいい。寿司ネタとしては、ちらし寿司、関西では、バラ寿司というが、その材料として、焼き穴子を入れると、味がぐんとよくなる。

母がよく作っていたのは、茶碗蒸しだ。卵、だし汁、かまぼこ、ユリネ、人参、椎茸に、焼き穴子を加えたものだが、大変美味しかった記憶がある。最近は、作っていないが、また作ってみたいと思う。

まあ、基本的に切って、並べるだけなので、便利な食材だ。最近は韓国産(穴子は韓国産で、加工は日本というのが多い)も比較的安く出回っている。焼き穴子だけ食するのであれば、日本産の方が美味しいが、料理に使うのなら、どちらでもいいと思う。

|

« 例外に基づく立法は有効か~国籍法改正案 | トップページ | 用心のための観察 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 例外に基づく立法は有効か~国籍法改正案 | トップページ | 用心のための観察 »