« 短時間労働正社員の時代は来るか | トップページ | 鋳掛屋のこと »

2009年1月14日 (水)

健康野菜スープを作る

最近は、野菜飲料や青汁がよく売られている。確かに、健康にいいのだろうが、少しもったいない感じもする。そこで、数年前から、野菜スープを作っている。それが健康にいいか医学的なことはわからないが、個人的には、有効のようだ。ということで、厚かましくも、その作り方を紹介しよう(笑)。

一、使うのは、料理で残った野菜の残りくずだ。基本的に緑黄野菜中心に残りくずを用意する。例えば、大根の葉、こかぶの葉、セロリの葉、大根の皮、人参の皮、キャベツの芯、白菜の芯。農薬が気になる方は、水の中に一定時間つけておいて、流し洗いをする。

ただ、注意としては、肉類や魚類は入れない。出汁用のかつおとか炒り子も入れない。あくまでも、野菜で作る。

二、次に、厚手の大鍋に、出汁をとるつもりで、大目の水を入れて、昆布を適量、少し洗って、漬けて置く。

三、次に、干ししいたけを適当な枚数をいしづきを取らずに、そのまま入れる。生椎茸では駄目である。

四、20分ほど経ったら、火を入れて沸かす。沸騰したら、昆布のみ取り出す。

五、次に、料理で出た野菜の残りくずを順次入れて、じっくり煮て、灰汁を取って、出来上がり。超簡単(笑)。

残りくずが揃わない場合は、野菜くずが出た段階で冷蔵庫に保管しておくのもよいが、冬の間は、野菜くずが出れば、順次追加している。夏の場合は、それは残念ながらできないので、貯めておいて、一斉に作る。

スープとして飲むことが多いが、使う材料にもよるが、癖があり、飲みにくいこともある。そこで味噌汁や煮込み料理の出汁にも使うこともある。またスープに使った柔らかく煮込まれた野菜を料理に使えないこともない。中華風に炒め料理にもよいと思うが、流風は、土に漉き込み、堆肥にしている。これで生ゴミは全くでないし、健康にも役立ち、万々歳。

薬膳スープとまでは言わないが、生活習慣病には有効かもしれないと思っている。これを飲むと、体調はいいし、健康診断の結果もよい。本当は、外食やお弁当の多い人には、お薦めと思うが、そういう人は料理はしないだろうから、作ることは難しいかもしれない。その場合は、誰かに作ってもらってください(笑)。

|

« 短時間労働正社員の時代は来るか | トップページ | 鋳掛屋のこと »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 短時間労働正社員の時代は来るか | トップページ | 鋳掛屋のこと »