« 歌舞伎『山姥』と金太郎 | トップページ | 為政者と庶民の生活 »

2009年1月21日 (水)

米国新大統領への期待と不安

バラク・オバマ氏が、米国大統領に就任した。米国だけでなく、世界が話題にしている。それだけ今後の米国の動向が気になると言うことだろう。金融崩壊の影響は世界に影響している。オバマ大統領が米国経済を建て直すことへの期待が大きいのだろう。

しかし、サービスの原則同様、期待値が大きいと、実績が上がらなければ、その失望も大きくなる。オバマ政権の政策運営は難しいものになるだろう。そのことを意識してかどうかはわからないが、その就任演説の内容は慎重なものだった。

ただ、選挙前に、大きく期待させてしまっただけに、今後辛い場面が起こるだろう。そのことを反映してか、米国市場は、大きく下げている。しかし、これは悪いことではない。就任時点で大幅に下げれば、もちろん、更に下げる可能性もあるが、政策によっては、じんわり相場を上げていく可能性も否定できない。

確かに、国内景気対策は、限定的だろうし、いかに対策を打ったところで、即効的な効果はありえない。だが、将来的な見通しが立てば、人々は、その未来に少し期待を持つかもしれない。とりあえず、今後3ヶ月間の政権動向に注目したい。

|

« 歌舞伎『山姥』と金太郎 | トップページ | 為政者と庶民の生活 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌舞伎『山姥』と金太郎 | トップページ | 為政者と庶民の生活 »