« 消費税アップ考 その三 | トップページ | 時価会計から簿価会計に戻そう »

2009年3月11日 (水)

女性がきれいな理由

男から見ても、女性が美しいことはいいことだ。ただ、外見だけ、いかに磨いたところで、その化けの皮はすぐ剥がれる。案外、そのことがわかっていない女性が多いのではないか。

ところで、モデルのniu(ニュウ)さんという女性が、「自分を輝かせる十カ条」を示している(毎日-キレイニュース。*注参照)。niuさんの指摘は、男から見ても、納得の言葉だ。美人だし(笑)。流風の感想も含めて、以下に紹介しておこう。

 一、座右の書「みにくいおひめさま」を読む

流風は読んだことはないが、どうも童話のようだ。我が儘に育ったお姫様は、醜い娘だったが、人のために尽くすことを通じて、美しくなっていくという話のようだ。まあ、心映えは姿に表れるというから、その通りであろう。

 二、犬と向き合い、自分の鏡とする

犬を飼ったことがないので、この点はわからない。niu(ニュウ)さんは、相手との関わり方を学んでいるようだ。

 三、レンアイをする

いつも無愛想な女性が、恋人ができると、急に明るくなったり、愛想がよくなったりする。表情が全く違う。よくあることですね。人を愛すと人格まで変わる。

 四、本を読む

読む本の内容にもよるが、読書によって、女性が理知的に見えるのは、確かだ。でも、それも過ぎると、かえって、難しい女性にもなるけれど。

 五、メイクよりスキンケア

化粧のことはまったくわからない。ただ若い女性が、化粧しなくても、ぴちぴちした肌なのに、なぜ化粧をするのか理解できない。肌を保護することは必要と思うが、化粧で、かえって肌を荒らしている。どうも彼女等のやることは納得できない。

 六、気の合う仲間たちとDJイベントをする

DJイベントはともかく、憂さ晴らしを定期的にして、仲間と共にガス抜きすることは、男も女も大切と思う。全てを溜め込んでしまうと、醜さが増えていく。というような理解でいいのかな。

 七、自分のために絵を描く

絵心のない流風にはわからないが、何かを創造することは、心を表出させることになり、浄化されるのだろう。ということは表現されるのは、捨てられた毒か。

 八、無理しない。偏らない。

自然体は心に無理強いしない。心に負担になり過ぎないようにする。バランスを取る。ここら辺を理解できない男は多いだろうな。男は決め打ちが好きだから(笑)。

 九、旅に出る

旅により、心をリフレッシュして、新しい発見をする。

 十、日記、ブログ。自分の感情と思考の管理。

解説はいらない。まさにその通り。

niuさんについては、詳しくは知らないが、なかなかの見識と思う。結局、語っておられることは、心理面が大きく美しさには影響するということ。女性にしては、その分析は、ちょっと怖い感じはする。

全てを見透かされる可能性があるような女性と受け取れる(笑)。流風は、苦手なんだよな。でも、案外、いい女性だったりして。まあ、知らぬが仏(笑)。でも、これらの十か条は、若い女性に参考になるのではないか。内面から美しくしないといけないよ。まあ、心の浄水器をセットしておけば、いいということかな。

*注

  「自分を輝かせる十カ条」 http://kirei.mainichi.jp/beautiful/niu/10.html

|

« 消費税アップ考 その三 | トップページ | 時価会計から簿価会計に戻そう »

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税アップ考 その三 | トップページ | 時価会計から簿価会計に戻そう »