« 景気対策に必要なことは、金融制度・運用システムの再見直し | トップページ | 政治献金の完全なシステムはあるか »

2009年3月 3日 (火)

東京中央郵便局再開発を考える

東京中央郵便局の再開発について、鳩山総務相大臣がクレームをつけているようだが、地方の一般国民から見ると、よくわからない。果たして、再開発がなぜいけないのだろうか。郵政は、再開発により、かなりの賃貸収入が確保できるのであれば、将来の税収のことを考えれば、国としても悪いことではないだろう。

それをこの時期になって、なぜ反対するのだろう。東京のど真ん中に、老朽化した建築物を残す意味は、全くないだろう。あの建築物に、それほどの価値があるのだろうか。確かに、建築保存主義者からすれば、それは意味のあるものだろう。

彼らは懐古的に、古い建築物に意味を持つのだろう。だが、遺跡と同様、古い物を全て残せばいいというものではないだろう。どうしても、残したいのであれば、設計図を入手して、残せば十分だろう。

それに、全てのものは、今、現在、生きている者に、有効で役立つものであって、初めて意味がある。それは建築物も同様だ。全てのものは、年代と共に滅んでいく。あまり古いものに愛着を持ちすぎるのは、老いた証拠とも言える。

また遺跡という物は、遺すにしても、作られた時と、同じ形で残すのが一番とは言えない。それは、現代の技術を付加して、よりよいものにして、残していくのなら、それも意味があるかもしれない。再開発は、その意向の様だし、それなら問題はないではないか。

これに反対するのは、どうも権力闘争の匂いがする。国民からすれば、こんなこと、どうでもいい。まあ、「かんぽの宿」は、やり方に問題があったのは、確かと思うけれど。

|

« 景気対策に必要なことは、金融制度・運用システムの再見直し | トップページ | 政治献金の完全なシステムはあるか »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 景気対策に必要なことは、金融制度・運用システムの再見直し | トップページ | 政治献金の完全なシステムはあるか »