« 記憶に頼る過ち~メモの効用 | トップページ | 今はタレントに世の中は厳しいか »

2009年4月23日 (木)

順境は、感謝と努力から

凡そ、順境と逆境は、互い違いにやってくると云われる。栄枯盛衰は、いつの時代もある。それは個人においてもだ。ただ、何が「栄」で、何が「衰」と考えると、一般には、全般的に気分がいい時は、それは「栄」であり、気分的に参っている時は「衰」と思っているかもしれない。

そう考えると、順境・逆境は、ある意味、自ら作り出しているかもしれない。すなわち、心のコントロールをすれば、ある程度、順境・逆境をコントロールできるということであろう。それには、いろんなことに感謝し、日々努力を地道に積み重ねることが大切ということだ。そうすれば、常に順境であり、常に逆境にいると平常心でいることが可能になる。まあ、なかなか難しいことだけれど(笑)、感謝の気持ちは持ち続けたいものだ。

|

« 記憶に頼る過ち~メモの効用 | トップページ | 今はタレントに世の中は厳しいか »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記憶に頼る過ち~メモの効用 | トップページ | 今はタレントに世の中は厳しいか »