« 財政出動による景気対策は有効か | トップページ | レジ決済時のお婆さん »

2009年4月 5日 (日)

パンダ見たけりゃ、王子動物園に行こう

上野動物園の2008年の入場者数が激減したらしい。理由は、本当かどうかわからないが、パンダがいないこととされる。パンダは確かに、その仕草は、大人の男から見てもかわいい。子供だったら、もっと見たいかもしれない。

都知事は、中国から借りる料金が高すぎるとして、補充をしていない。確かに、年間、1億円というのは、高いかもしれない。ただ費用対効果がどのようなのか、十分に検討されて、話されていたのかは不明だ。

ただ、パンダだけに集客を頼るとしたら、それは確かに動物園の運営としては能がないと言う事もできる。旭山動物園のように、発想を変えた展示方法や、いろんな催しは必要だろう。旭山の真似をする必要はないが、それぞれの立地を活かした運営方法は考えられて当然だろう。

どうしてもパンダ見たけりゃ、神戸市立王子動物園に行こう。東京からだと、飛行機に乗って、神戸空港から、そんなに遠くない。ついでに、神戸観光も楽しんでもらいたいものだ(笑)。

* 王子動物園 http://ojizoo.jp/

*平成22年3月18日追記

上野動物園が、パンダがいないことで、観客が激減し、あの都知事も、パンダを借り受けることを決断したようだ。馬鹿知事も、やっと気づいたか。それにしても、客寄せパンダの力、恐るべし。

|

« 財政出動による景気対策は有効か | トップページ | レジ決済時のお婆さん »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 財政出動による景気対策は有効か | トップページ | レジ決済時のお婆さん »