« 買いたいものがない | トップページ | 歯の健康診断の重要性 »

2009年4月14日 (火)

ある眼鏡店への苦情

長年使っていた眼鏡が、レンズは傷だらけ、フレームはボロボロのため、ついに買い換えることにした。誤魔化し、誤魔化し、使っていたが、さすがに限界。そういうことを考えながら、街を歩いていると、ある有名な眼鏡店が目についた。

いつもは、スーパーにテナントで出店している店で、作ることが多いのだが、以前作った時、接客が少し引っかかっていた。そういうこともあって、その有名な眼鏡店が目に入ったのであろう。ただし、この店はファッショナブルだが、高い店として有名だ。懐と相談すると、多分、厳しいだろう。

そうすると、店員がするすると寄ってきて、見事な接客術で接してきた。フレームの紹介や検眼(*注)などを通じて、その時、買うつもりはなかったのだが、ついつい買わされてしまった。予算ははるかにオーバーだ。その他の出費を抑えるしかない(苦笑)。

確かにフレームは、以前使っていたものより、ファッション性はあるし、いい感じ。だが、家に帰ってみると、その眼鏡には違和感があった。どうも文字も読みにくいし、遠くもなんとなく見にくい。これはおかしいと思って、店にもう一度訪問し、苦情を言うと、再度検眼してくれたが、「間違っていません。お客様がお馴れになっていないからだと思います」と、困惑顔で言うので、仕方なく帰った。

ところがである。一週間しても、その眼鏡は見にくく、使用に耐えないから、以前の眼鏡を使う羽目に陥った。そこで、再々度、店を訪問すると、担当の店員は不在で、違う店員が見てくれたが、「やはり間違いはありません」と不機嫌そうに、返してきた。

担当の店員にも連絡してくれと言ったが、なしのつぶてだ。一体、これが一流の眼鏡店なのか。お金をどぶに捨てたようなものだ。まさに詐欺師の手法に乗せられた。ここの社長は、マスコミなどで、顧客対応は一番ですなどと言うが、もう一度、全社を点検した方がいいだろう。もう二度と、この店では買わない。

*注

眼科での検眼通り作って、眼鏡が必ずしも合うとは限らないことを、たくさん経験しているので、最近は眼科での視力検査はやったことがない。

*追記

結局、別の眼鏡店で作りなおしたが、品質も価格も妥当で、全く問題がなく、現在は、それを使っている。上記の高級店との違いとして、一つ言えるのは、作りなおした店では、実に検眼が丁寧で、時間がたっぷりかけられていた。近視、乱視、老眼が混じっていると、そういう丁寧な検眼が必要なのだろう。

また現在は、安売りの眼鏡店がはやっているが、そういうところでは確かに検眼はいい加減だ。価格的には、安いから、そんなに不満は言えないかもしれない。だが上記に示した高級店で、いい加減な検眼をしているようだったら、この店はいずれ左前になるだろう。

|

« 買いたいものがない | トップページ | 歯の健康診断の重要性 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 買いたいものがない | トップページ | 歯の健康診断の重要性 »