« 店舗の小型化 | トップページ | 子供は、“君子危うきに近寄らず” »

2009年4月 9日 (木)

えっ、エゴカー・エゴ家電?

自動車業界や家電業界が、政府にねじこんで、消費を活性化させる目的として、税金を投入し、エコポイントを付加させるようにしたようだ。確かに業界は苦しいのかもしれないが、わざわざ税金を使って、消費を増やさせようとするのは、あまりいただけない。これは、「エコカー・エコ家電」と言うより、「エゴカー・エゴ家電」と言うべきものであろう。

民間の企業が、国に大体、助成の圧力をかけること自体、おかしい。彼らは産業人の使命を忘れているのではないか。急激な環境変化であろうと、それに対応していくのが企業経営者の役割だ。次世代の技術的な開発のための支援を求めるのなら、まだ理解できるが、販売は、各企業の努力によって、なされるものだ。

今、彼らは大きな勘違いをしていると言えるだろう。国に販売支援を求めるなど、企業経営力が劣化していると言わざるを得ない。各企業は、それぞれの努力をして売り上げを増やす努力をしてもらいたいものだ。

|

« 店舗の小型化 | トップページ | 子供は、“君子危うきに近寄らず” »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店舗の小型化 | トップページ | 子供は、“君子危うきに近寄らず” »