« インフルエンザ対策と口腔管理 | トップページ | 鯖の味噌煮は、やはり美味しい »

2009年5月24日 (日)

小さな幸福、大きな不幸

かつて高橋義孝氏が、「小さな幸福、大きな不幸」というような内容のことを述べられていた。不幸は、往々にして、ど~んと来るほど大きいが、幸福は、案外小さい。そして、大きな不幸が先行して、小さな幸福で少しずつ穴埋めしていく。

だから、たくさん小さな幸福を感じる力が弱ければ、不幸に負けてしまう。うろ覚えだが、そんな内容だったと思う。多分、このような考えに至ったのは、老齢になられてのことだろう。若い時には、そんなことは考えない。夢も希望もあり、時間のある若い人には、まだ見ぬ未来がある。

そう考えると、歳を重ねるとは、辛いことかもしれない。経験により、いろいろ知識や知恵を得ることは、大切であろうが、それが全ての足かせになる。そうなると、知っている方がいいのか、中途半端に知らない方がいいのか、ということになる。

だが、人は、いつも前を見ている。そういうことから逃れられないとすれば、高橋氏の知恵は、確かかもしれない。

|

« インフルエンザ対策と口腔管理 | トップページ | 鯖の味噌煮は、やはり美味しい »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザ対策と口腔管理 | トップページ | 鯖の味噌煮は、やはり美味しい »