« 南蛮美術展に行く | トップページ | 豚インフルエンザへの対応を見る »

2009年5月 6日 (水)

タイミングということ

女性に告白するにしても、上司に失敗を申告するにしても、タイミングがある。これをはずせば、獲得できるものを獲得できず、上司から大目玉を食らうことになる。本日、5月6日で言えば、「六日の菖蒲」ということになると、その意味はなくなってしまう。昨日は、ところで菖蒲湯に入られましたか(笑)。

結局、タイミングの要諦は、何かと言えば、相手の状況把握であり、雰囲気の理解だろう。だが、往々にして、この状況把握や雰囲気の理解に疎いのが、男かもしれない。最近の男は、そういう気配りができる者もいるようだが、瞬間的な状況判断力は、経験を重ねないと、なかなか身に付かないものだ。

ちまちまと現象を見ているだけでは、世の中を見通すことはできない。タイミングを外して、異性には振られ、上司には、失敗を告げて、怒鳴られる。前者と後者では、確かに事情は異なるが、それぞれに修行が必要と言うことだろう(笑)。

つまり、タイミングは大事だ。大きな全体的な流れの中で、タイミングを把握することは重要な意味を持つ。男は、時代感の中で、うまく“瞬間”を捉えたいものだ。こまごまとしたことで、失敗しても、くよくよしないことだ。多くの訓練の中から、いずれ精度は高くなる。数打ちゃ当たる、ということでもないが、失敗を恐れないことは大切だと思う。

|

« 南蛮美術展に行く | トップページ | 豚インフルエンザへの対応を見る »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南蛮美術展に行く | トップページ | 豚インフルエンザへの対応を見る »