« 花の命は短くて | トップページ | 小さな幸福、大きな不幸 »

2009年5月23日 (土)

インフルエンザ対策と口腔管理

季節外れのインフルエンザが蔓延しているようだが、国全体の対応は、国の危機感はわかるのだが、まるでインフルエンザ・ノイローゼだ。人間は、基本的にウィルスを持っているし、我々を取り巻く環境で、完全に清潔な環境はあり得ない。だから、ウィルスを除去する発想より、ウイルスとともにあるという考え方が望まれる。

だから、過度の薬の服用は、あまり望ましくない。本来、人間が持っている免疫力に任せるべきなのだ。薬が必要な人は、病気のため体力が弱っている人とか、子供たちだけなのだ。そうしないと、ウイルスは、薬耐性で、現在より、更に強いウィルスを生み、更に私たちを困らせる結果になりかねない。

そう考えれば、インフルエンザへの基本的な対応方法は、ある程度、決まっている。それは基本生活の見直しだ。もちろん、ある程度の予防措置は否定しない。何度も記したが、もう一度、整理しておく。

一、出来るだけ、繁華街などへの外出を控える。

出かけるなと言う意味ではなくて、人のごみの中に出かけないこと。また多くの人と閉じられた空間に長くいないこと。伝染するのは、むしろ人の集まる室内空間であろう。

一、口の中が乾燥しないようにする。高齢者は、マスクをして、口内の乾燥を防ぐ。

インフルエンザは、乾燥を好む。

一、出かける場合は、出来るだけマスクをする。

外部からの細菌を防ぐ意味と、口の乾燥を防ぐ効果がある。但し、過剰な期待はできない。

一、帰宅後は、手洗い、顔洗い、うがいを励行する。

いわゆる口からの細菌の侵入を防ぐため。これは普段から励行しておれば問題ない。

一、身体を清潔に保つ。外部と接触する頭部などは、シャンプーで取り除く。

身体全体の細菌の除去。これも普段から励行しておれば問題がない。

一、室内の温度は20度以上に保つ。

インフルエンザは熱に弱い。

一、室内の湿度は、50%~60%を保つ。

インフルエンザは、低湿度に強く、高湿度に弱い。

一、規則正しい生活をする。睡眠は十分とって、疲労を残さない。

基礎体力の維持は、最近の入り込む余地を縮める。これも普段からの生活が大切ということ。

一、十分な栄養の摂取を心がける。

上記と同様の理由。

一、太陽によくあたること。紫外線が消毒してくれる。

室内にこもるより、適切な太陽の下で過ごせば、除菌につながる。あらゆる薬剤を使うより有効とのこと。女性は、日焼けを意識しすぎて、屋内にこもれば、それは却って逆効果。

等が指摘されてる。

これ以外にも、歯科医からは、口腔管理の大切さを指摘されている。というのは、口腔管理を適切にすれば、発熱、肺炎、インフルエンザの発症率が下がるそうだ。よく病は口からと言われる。口からは、いろんなものが入る。

だから、口腔を清潔に保つことは、病をある程度、防げることになる。歯磨きは、何も歯のためだけではなかろう。以前のブログでも記したように、定期検診して、口の中の健康管理をすれば、いろんな病を防げるのではないか。

別に流風は歯科医の廻し者ではないが(笑)、6月4日からは、「歯の衛生週間」。今一度、口腔管理も含めて、もう一度、基本生活の見直しをしたいものだ。

*追記

こういう時期だから、歯科医での定期検診を止めている人も多いと聞く。しかし、歯科は大体、予約制になっており、他の患者と接する機会は低い。あまり神経質になる必要はないと思う。

*追記

人によっては、うがいは意味がないという人もいる。うがいに殺菌効果はないというのである。ウィルスは鼻腔から入るからという理由であるとする。しかし、鼻腔を清潔にするのもいいが、それは逆効果と言う人もいる。こうなってくると、一般人には、何が何だかわからなくなる。

だが、経験的には、うがいは大切と思う。但し、うがいだけではだめで、手洗い、顔洗いして、初めて有効であろう。よって、普段からの生活習慣は大切だが、あまり神経質になりすぎるのもよくないだろう。

|

« 花の命は短くて | トップページ | 小さな幸福、大きな不幸 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花の命は短くて | トップページ | 小さな幸福、大きな不幸 »