« 居眠り対応マニュアル? | トップページ | 白菜と豚肉料理 »

2009年6月19日 (金)

地域ミニFM局の面白さ

最近は、地域オリジナルのミニFM局が、あちらこちらで開局しているが、聞いてみると、意外と面白い。全てがすべて、自局の作成ではなさそうだが、結構、方言が入っており、面白いのだ。そして地域の観光情報なども流されており、旅行者にも楽しい気分を届けてくれる。

確かに、今は、ネットや携帯で、それらの情報は入手できるが、ミニFM局から流される情報もなかなか捨てがたい。地方に行くと、まだまだ娯楽も少ない。これは、いずれテレビのデジタル放送で、ある程度、解決するだろうけれど、それでも、地域が発信する、コネタの情報による情報発信は貴重だ。

音楽の選定にしても、懐かしい音楽が流されることもあり、それは地域のリクエストから、そうなるのかもしれない。地域住民の要望に応えていたら、そうなるのであろう。これも、なかなかいいことだ。

そして、仕入番組として、東京制作の情報番組も適切に組み込まれているのもあるようだから、それなりに番組の多様化も図られている。こうなってくると、大都市のFM局の番組は、案外、若者だけを対象としているのとは差別化を図り、今後は、狭い範囲での、きめ細かな、いわゆるミニFM局は、ますます増えていくのだろうと思う。

|

« 居眠り対応マニュアル? | トップページ | 白菜と豚肉料理 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 居眠り対応マニュアル? | トップページ | 白菜と豚肉料理 »