« 地域の市民祭りは、物産販促の機会 | トップページ | 理想の妻とは(中) »

2009年6月15日 (月)

理想の妻とは(上)

関西では、妻を迎えるに際して、ある理想の条件があると云われてきた。凡そ、女性には次のタイプがあるという。

  Aのタイプ  「かしこ、かしこ」型

  Bのタイプ  「かしこ、あほう」型

  Cのタイプ  「あほう、かしこ」型

  Dのタイプ  「あほう、あほう」型

さて、世の若い男性諸君は、どのタイプを選ぶだろうか。

ただ、関西以外の方には、多少わかりにくいかもしれないので、若干、解説を添えておく。

「かしこ」は、文字通り、「賢い」こと。

「あほう」とは、「阿呆」のことで、「アホ」。東日本で言う「馬鹿」とは若干ニュアンスが異なる。ネット辞書でも、解説はしてあるが、正確ではないと思う。強いて示せば、「愛すべき馬鹿」ということかな。

各タイプの解説は、明日のブログで、紹介する。

|

« 地域の市民祭りは、物産販促の機会 | トップページ | 理想の妻とは(中) »

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地域の市民祭りは、物産販促の機会 | トップページ | 理想の妻とは(中) »