« 晴れ男に、雨女 | トップページ | 価値あるものとは »

2009年6月 9日 (火)

山椒の実がなった

先日、母が植えていた山椒の木をふと見ると、2本あるうちの大きい方に、緑の実がなっていた。植えてどれくらいの年月が経つのだろうか。少なくとも、10年以上は経っているだろう。

手入れもせず、ほったらかしであった。今では、高さ1.5メートルぐらいになっている。直径は1メートル余りぐらいだろうか。生前、母は割と世話をしたようだが、「この木は雄木のようだ。全然、実がならへん」と、よくぼやいていた。

ということは、実をつけたのは、今年が初めてかもしれない。母は、それを見ずして、逝ってしまったようだ。仏前に供えるとしようか(棘のある花を供えてはならないと言うが、実は許されるだろう)。

しかし、棘がいっぱいあるから、実を取りにくい。でも、いい匂いだ。山椒の匂いもいいものだ。今までは、春に木の芽を取るぐらいだった。何とか、少しだけ取れた。全ては採りきれない。残りは、秋まで放置して、粉山椒にでもしようかな。

結局、採れた量は、50グラム程度だ。お供えするのはいいとして、その後、どうしよう。やはり酒、みりん、醤油で煮詰めるぐらいしか手がないか。作ったことないけれど。

でも、実自体、どんな味がするのだろう。小粒でぴりりと辛いのだろうか。一粒、口の中に入れて、噛み砕いてみると、パーッと痺れる感じだ。悪い感じではない。なるほど、なるほど、何事も経験しないとわからない。この歳にして、初めて、山椒の青い実の味を知る。

*追記

成果というものは、自分がいる時に、出るとは限らない。企業でも、種蒔きして、いろいろ世話して、芽は出たが、成果が出なかったものが、自分が他部署に異動して、成果が出ることも多い。後任者は、成果を単に喜ぶだけでなくて、その背景を知ることは大切かもしれない。

|

« 晴れ男に、雨女 | トップページ | 価値あるものとは »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晴れ男に、雨女 | トップページ | 価値あるものとは »