« 白菜と豚肉料理 | トップページ | 料理の選択に迷う »

2009年6月20日 (土)

高校生やり手スナックママ

先日、高校生やり手スナックママが報道されている。ただ、警察への届け出を怠ったため、摘発されたようだ。札幌の高校生が、スナックママとして、年上のホステス7名を使って、運営していたらしい。企画も上手で、飲み放題キャンペーンで、200万円も売りあげる月もあったようだ。

商売は上手だったのでしょう。商売の勘所を押さえるセンスが、この高校生にはあったと思われる。昔、よく親類の人が、商売を始めるのだったら、学校など行かずに、できるだけ若い方がいいと言っていたが、接客商売では、特にそのことが言えるかもしれない。

接客のツボとかは、若い時ほど呑み込みも早い。ある程度、年齢が上がれば、変なプライドから、接客の勘所をつかめない。流風は、学校に行くなとは言わないが、商売をするのなら、早く関与した方がいいというのは、当たっているかもしれないと思う。

むしろ、そういうタイプは、学校は、それからでもいいのだ。必要と感じた時、学びたいと思う時が、一番学べる時なのだから。惰性で学校に行くより、どういう事情だか知らないが、この女子高生の生き方も、一つの可能性と思えるのだが。

*追記

念の為に、申し添えるが、流風は、違法スナックをやることを奨励しているわけではない。最初から、きちんとした正しい商売を覚えることが望ましい。しかし、適法と違法の境界線に、ビジネスチャンスがあることも否めない。

|

« 白菜と豚肉料理 | トップページ | 料理の選択に迷う »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白菜と豚肉料理 | トップページ | 料理の選択に迷う »