« ちちんぷいぷい、と言うと、、、、。 | トップページ | 心頭滅却すれば、、、。 »

2009年8月 3日 (月)

功を譲るということ

競争社会において、全て自分の功としがちだが、平社員の場合は、それでもいいが、それなりの地位に就けば、部下を引き立て、同僚に功を譲ることが必要になってくる。それでも、出世第一に考える人は、他人に功を譲るなど、とてもできないと言う。

そんなことをすれば、出世競争から遅れてしまうと。確かに、短期的には、そういう面はあろう。ただ、長期的視野に立てば、仕事は多くの支えで、成り立っている。自分の功が、全て自分の業績かと問えば、それは多分に怪しい。せいぜい、名目上、その仕事の代表者に過ぎない。

となれば、仕事を手伝ってくれた人々への感謝のしるしとして、功を譲ることは意味がある。それはどんな仕事でも同じであろう。もちろん、競争意識は大切で、何もぬるま湯に漬かれとは言わない。あくまで、競争する中で、功を譲ることが大切なのだ。

そうすれば、将来、更に大きい仕事をする時に、多くの支援が得られることを忘れてはならないだろう。それが器を大きくするということだ。

|

« ちちんぷいぷい、と言うと、、、、。 | トップページ | 心頭滅却すれば、、、。 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちちんぷいぷい、と言うと、、、、。 | トップページ | 心頭滅却すれば、、、。 »