« 父の記憶法 | トップページ | 仕事は最終的には体力 »

2009年8月19日 (水)

カラオケ嫌い

以前にも記したかもしれないが、流風はカラオケが大嫌いだ。飲みに行くと、二次会は、どうしてもカラオケに行こうと言う人が多い。理由はわからないが、話すことがなくなれば、二次会では、カラオケで、時間を過ごそうとする考えからかもしれない。

だが、カラオケで、3時間とか、4時間過ごすという人の気持ちはわからない。確かに一種のストレス発散にしているのだろうが、やり過ぎれば、何事も逆にストレスになるはずだ。それにカラオケ環境はあまりよくない。インフルエンザの温床になっているとも聞く。不潔な環境のカラオケは多いかもしれない。

また、スナック等のカラオケも、頂けない。店側は、接客がその分、省けて楽だろうが、本来、カラオケのための店ではなかったはずだ。お酒は、ゆっくり嗜みたいのに、これらの店でカラオケに誘われるとうんざりする。

何も話さなくても、共通の時間を過ごすだけでもいいではないかと思うのだが、そうはいかないようだ。でも、他人の歌う歌を聞いても楽しくはないし、自分の歌う歌も、特に聞きたくもない。音痴な流風は特にだ。

もちろん、カラオケ愛好家を否定するつもりはない。しかし、全ての人がカラオケが好きでないということを知っておいて欲しいものだ。

|

« 父の記憶法 | トップページ | 仕事は最終的には体力 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 父の記憶法 | トップページ | 仕事は最終的には体力 »