« 不十分な人 | トップページ | 9月1日は防災の日 »

2009年8月30日 (日)

人件費と価値ある社員

企業経営者が、機会損失を失うことを恐れ、業績のいい時に、雇用を増やすと、業績が落ちた時には当然、人件費が負担になる。凡そ、人件費不況が起こる時は、概ね、このようだ。

だから経営者は、機会損失と、将来コストを常に考え合わせて、人を雇用しなければならないのだが、なかなかそれができない。それは顧客の要望に対して、断りきれないからだろう。ビジネスチャンスを逃したくない気持ちはわからぬでもない。

だが、顧客の要望と経営のかじ取りのバランスを取れない経営者が多いというのは、従業員にとっては悲劇だ。最悪の事態になって、人件費カットだ、リストラだと叫ぶ経営者。背に腹は代えられないのは、わかるが、なぜ、このような経営者が、いつまでも、なくならないのだろう。

結局、それは経営者が、人材を「数量」としてしか見ていないからだろう。会計上の机上の計算しかできないようになっている経営者が、最近増えているのは、実に嘆かわしいことである。

やはり社員に求められるのは、その「質」向上だろう。常に向上意識を持たせて、質のグレードアップをはかる。企業はそれを後押しし、それなりの活躍の場を与え、経営数値がわかる人材にしていく。

結局、それをやった企業のみ残るのだろう。従業員を「コスト」でなく、「価値」として、位置づけていく経営者が増えることを望みたい。

|

« 不十分な人 | トップページ | 9月1日は防災の日 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不十分な人 | トップページ | 9月1日は防災の日 »