« これからの自治会のあり方 | トップページ | 中小企業への返済猶予制度の確立は有効か »

2009年9月29日 (火)

映画『カムイ外伝』鑑賞

映画『カムイ外伝』を観てきた。子供時代、この漫画はよく読んだものだ。白土三平の作品で、友達同士で、回し読みしていた。実際は、子供が読むような内容ではなく、かなり深刻なものなのだが、何といっても、当時は忍者物が人気があった。

カムイは、抜忍のため、追われ続けるという内容なのだが、いつまでも追われ続けるという過酷なものだ。毎回毎回、危機に陥り、新しい技で、切り抜けていく。とても真似は出来ないのだが、皆、技の名前を言って、その気になっていた。

今から、考えると、白土氏は、何を描きたかったのだろうか。忍者の過酷な世界を通して、作品の裏には、人は、時間に追われ続けるということを示したかったのだろうか。彼も、当時、締め切りに追われていたのではなかろうか。

表向きの深刻なテーマは別にして、そういう意味もあったのではないか、と思われる。映画の方は、かなり活劇が入って、面白そうである。日本の最近の時代劇は、活劇が足りなくて、不満だったのだが、それを満たしてくれそうだ」。

実際、映画を鑑賞してみて、感じたこととは、久しぶりに見る忍者物という感じだ。流風の子供の頃は、結構、忍者物が多く、特撮も多かった。それが、子供心に、わくわくさせたものだ。実際は、あんなに飛びはねたりはできないだろうが、結構憧れたものである。

ところが、最近は、日本の作品にそういうものがなく、不満だった。海外の作品は、そういうもので、結構人気があるのに、日本の作品は、それを無視。あり得ない忍法は、駄目と言うことなのだろうか。

この作品は、それを解消してくれる。ただ、当時と違って、CGを結構使っている。それが最近の傾向なのだろうが、どこか不自然さが漂う。あまり現実的でなくてもいいが、現実と錯覚させるような表現が望まれる。

あまりにも、現実離れしすぎると、若干しらけるものがある。CGは案外、使い方が難しい。特撮の方がまだ許せる。それでも、この映画は、結構楽しめた。今の日本の映画界に、観客は、こういうものを求めているのだと思う。

さて、映画の内容は、抜忍で逃亡者のカムイが、常に、心が落ち着くところはなく、猜疑心で、いっぱいだ。これは犯罪者の心理に似ているかもしれない。追われる人生が、いかに辛いことか。

であれば、人生を追う方がいいのかということになる。しかしながら、追忍も過酷な運命にさらされている。彼らは、抜忍を始末しなければ、国には戻れないだろう。追われる方も、追う方も大変なのだ。

そして、結局、どこに行っても、カムイ以外、ほとんど生き残らないという深刻なものだが、人間は、いかように生きても、いずれ死ぬ。死からは逃れられない。そういうことを間接的に教えているようにも受け取れる。カムイと言えども、いずれ死を迎えるのだろう。

別の見方をすれば、現代人は、自由と言いながら、知らず知らず、多くの拘束の中に生きている。真の自由を求めて、それから逃れようとしたり、あるいは逃れても、自分自身で、真の自由を獲得するのは、大変なことだろう。

全ての人は、限られた範囲内での、自由を享受しているにすぎない。それは真の自由からは、程遠い所にいると、この映画は、示しているのだろうか。またまた、変な解釈癖が出た(苦笑)。だが、この映画は、単純に楽しめる内容でもあるはずだが、それなりのメッセージを発しているのは否めない。

*映画『カムイ外伝』公式サイト

   http://www.kamuigaiden.jp/top.html

|

« これからの自治会のあり方 | トップページ | 中小企業への返済猶予制度の確立は有効か »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これからの自治会のあり方 | トップページ | 中小企業への返済猶予制度の確立は有効か »