« 追慕の詩~李頎『題盧五旧居』 | トップページ | 海外に買い取られた美術品~『美しきアジアの玉手箱』を鑑賞 »

2009年9月20日 (日)

エコポイント制度は全廃を

一部家電品に対するエコポイント制度に対して、小沢環境相は、来年度も継続するとしたが、これはおかしいだろう。そもそも需要の先食い制度だし、全ての人に恩恵が行き渡らない偏った制度だ。

民主党は、折角政権を握ったのだから、自公政権の作った悪しき制度を廃止すべきだろう。環境問題の観点からしても、非常におかしいのは明らかだ。またエコポイント制度は、結局、家電メーカーへの一時的な救済措置で、根本的な景気対策からは遠い所にある。

確かに環境面では、省エネの機器を導入することは望ましいが、買い替えは、ゴミも発生する。またトータル的には、長期で買い替えの促進を促していくことが望ましく、たまたま買い替えの時期に当たった人だけが恩恵を受ける制度には、大きな疑問もある。

大臣は、発言を撤回させるべきだろう。そうしないと、大臣は、国民から、変な眼で見られるだろう。民主党政権は、基本的には、自公政権の政策を廃止し、再度、その中の取捨選択と政策の練り直しを十分してから、より価値の高い政策に高めてもらいたいものだ。

*追記

ちなみにエコカーに対する制度も同じことだ。

|

« 追慕の詩~李頎『題盧五旧居』 | トップページ | 海外に買い取られた美術品~『美しきアジアの玉手箱』を鑑賞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 追慕の詩~李頎『題盧五旧居』 | トップページ | 海外に買い取られた美術品~『美しきアジアの玉手箱』を鑑賞 »