« 姿は俗性をあらわす | トップページ | 電子レンジを買う! »

2009年10月31日 (土)

食の実演販売

百貨店では、あいかわらず物産展が多いが、あまり買いたいものはない。価格も、安くはなく、高いものも多い。最初は、物珍しさから、それなりに人気があったが、今は、どうなのだろう。テレビでは、結構売れていると言っているが、限られた物品だけではないのか。

それに、どうしても人気のある地域の物産展に偏りがちだ。催す側から行くと、成果の上がらない地域の物産展は、開催できないということだろう。でも、そういうやり方が、流風には、あまり面白くない。いつも同じ地区の物産展の広告を見ると、もういい加減にせい、と言いたくなる。

ただ、その中で、興味を惹くのは、実演販売だろう。子供のころから、実演販売を見るのが好きだった、実際は、お小遣いが少ないから買えないのだが、そのにおいを嗅ぐだけでも満足だった。

それは、コロッケの実演販売だったり、煎餅職人が店頭で焼いている姿を見たり、回転焼きや鯛焼きの実演などをよく見たものだ。そのたびに、お腹がグーグー鳴り、よだれが出てきて、それを見た店主のおばさんから、試食させてもらったりもした。

ところで、客前で実演するということは、結構気合いを入れないと、うまく行かない。ある職人さんによると、健康管理が大切という。食べ物商売は、すべてそうだろう。体調が狂えば、舌の感覚が鈍くなるから、味を維持できない。

実演販売で、そのような裏の事情を慮りながら、観察するのは、いいかもしれない。それぞれの地区の一流の職人は、どのような味を追求しているのかを知りたいものだ。百貨店の物産展も、最早、地区に捉われず、いろんな地区の職人の食の実演物産展にしてはいかがだろうか。

|

« 姿は俗性をあらわす | トップページ | 電子レンジを買う! »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姿は俗性をあらわす | トップページ | 電子レンジを買う! »