« 日本の財政改革に対する訓言 | トップページ | 食産業の行方 »

2009年10月24日 (土)

歩数計と運動靴

一応、一日一万歩を目指しているのだが、夏ごろから、雲行きが怪しくなり、目標が達成できていない。別に夏バテしたわけではないが、今年の長梅雨というか、雨が多かったため、どうしても交通機関の利用が多く、結局、歩数目標はクリアできなかった。

ここへ来て、しばらく天候も安定しており、歩くことが増えて、歩数も増えているが、少し前、歩数計を失ってしまった。いろいろ探しまわったが見つからず。どこで落としたのだろう。これで三度目だ。前二回は、室内で、相当時間が経ってから、見つかった。買い直したから、歩数計は、貯まるばかり。傘と同じ運命だ。

そして、歩くのも、ただだらだら歩くだけではいけないということで、今回、バージョンアップしたものを購入。歩いた歩数は、以前の歩数計と同様に、表示されるが、それ以外に、運動の実効性のある歩数が表示される。だから、いくら、歩数が増えても、実効性のある歩数が増えないと、あまり意味がないらしい。それが一日、五千歩が望ましいということだが、それは、まだ一週間に一回程度しか達成できていない。

それで、どうしようかなと考えて、今度は運動靴を買い直した。この運動靴は、某タイヤメーカーの出しているものだが、歩いていて非常に軽快だ。何と言っても、歩くのが楽。こんなものがあるのなら、もっと早く買い換えすべきだった。これで、もう少し、実効性のある歩数を伸ばそうと思っている。

|

« 日本の財政改革に対する訓言 | トップページ | 食産業の行方 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の財政改革に対する訓言 | トップページ | 食産業の行方 »