« 年金による生活設計 | トップページ | この不況感は、どこから来るか »

2009年11月21日 (土)

私案・省庁分割再編

かつて、縦割りを防ぐとして、各省庁の統合がされたが、うまく機能していない。かえって、目的がぼやけて、国民生活から遠ざかり、公のサービスが十分機能していない。そのことを踏まえると、各省の分割・再編が望まれる。

基本的に、国民サービスに対して、きめ細かく、スピードある対応をしようとすれば、決済権のあるトップによるダウンサイジングされた組織が望まれる。それがサービス社会の基本だろう。

縦割りの問題は、マトリックス組織にして、諸問題処理の重複を避けるシステムが望まれる。また特別問題・緊急問題に対しては、各組織から人員を出してプロジェクトチームが編成できるようにしておけばいい。

またプロジェクトチームは、各部門の仕事に優先するとする。これらの運営方法は、先進の民間企業に倣えばいい。議論はいろいろあるだろうが、私的に、分割・再編案を考えてみた(マトリックス組織が確立されるなら、分野別にもっと細かく分けてもいい)。

<分割案>

一、厚生労働省→厚生分野と労働分野に再分割

   更に、厚生省→社会保険分野を分割

二、文部科学省→文部分野と科学分野に分割

三、経済産業省→産業分野のみ残す。

   経済企画分野は、リストラし、政府に移管。

四、国土交通省→国土分野と交通分野に分割

   更に国土省は土木分野と建設分野に分割

         土木分野は名称を変える。国土保全省に。

         建設分野は、建設管理庁に。

五、防衛省は、国土保全分野は、分離し、軍事防衛に集中する。

六、農林水産省より林野庁を分離。農林中央金庫の分離。産業分野も分離。

<再統合案>

各省より分離独立した各庁は、政府直轄に。

一、文部分野と労働分野を合併して、文部労働省の設立

二、産業分野と科学分野を合併して、産業科学省の設立。農林分野における産業政策も吸収。

三、厚生省は、国民衛生省に

四、社会保険庁(2010年より、日本年金機構)は、財務省管轄に。

五、総合交通省の設立

六、自衛隊の一部を移管して、国土省土木分野と合併して国土保全省の設立

七、建設管理庁を設置して、政府の直轄に。

八、林野庁は、環境省管轄に。

九、農林中央金庫は、金融庁管轄に。

|

« 年金による生活設計 | トップページ | この不況感は、どこから来るか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年金による生活設計 | トップページ | この不況感は、どこから来るか »