« 世の中の不思議 | トップページ | 私案・省庁分割再編 »

2009年11月20日 (金)

年金による生活設計

イタリアでは、年金が破綻し、年金型宝くじが流行っているそうだ。あちらの国の人々も、年金不安になると、このような行動をとらざるを得ないのだろう。それでは、日本はどうか。日本でも、年金不安がいろいろ噂されるが、本当は、そんなに心配いらないと言う人もいる。

もちろん企業年金については、日本航空のように企業が傾けば、予定された年金が受け取れない事態は、今後も発生するだろう。退職金を取るのを後回しにした人々は、判断ミスしたことになる。退職金の代わりに割増しの年金がもらえると判断したことが裏目になるのだ。

そのように未来を予測することは難しい。ということは、もらえるものは今、受け取っていた方がいいのかもしれない。老後の生活設計を誤らないためにも、そういう判断は求められる。それはケースパスケースではあるけれども。

だが、自分で運用するとしても、運用を間違えば、損失が出るわけだから、それは自業自得ということになる。結局、他者に運用を任せるのも、自分で運用するのも、大変なことだ。時代を読むのも必要なのかもしれない。

ところが、現在、国民年金にさえも、掛けていない人々は、将来、無年金になって、老後は苦しい生活を強いられるのは確実だ。一体、そういう人たちは、どういうことになるのだろう。生活保護で救済するにしても、今後、生活保護適用は厳しくなるだろう。若い時に、定職に就かず、我儘を通せば、あまり楽な人生を送れない。

若い人々は、仕事を辛抱できず、短気を起こして、人生を台無しにするようなことのないように、社会に貢献している仕事なら、選びすぎないことを望みたい。そして、仕事を通じて、確実に、どこでも通用する力をつけて欲しい。

また若い時は、年金など、あまり気にしないものだが、高齢になると、収入はあまり期待できないわけだから、年金の意味を早くから把握してほしい。国には、年金が崩壊しないようにしてもらいたいが、個人としても、生活設計を確かなものにしたいものだ。

|

« 世の中の不思議 | トップページ | 私案・省庁分割再編 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世の中の不思議 | トップページ | 私案・省庁分割再編 »