« 中華料理店は大丈夫か | トップページ | 世の中の不思議 »

2009年11月18日 (水)

何かに似ている

人間の顔にしろ、声にしろ、誰かに似ていることはよくある。他人のそら似ということもあるし、電話で声だけ聞くと、本人と勘違いしてしまうこともある。そういう詐欺事件も発生している。本人確認は、今の時代、求められるようだ。なかなか、今の世は生きにくい。

さて、生前、母が最近の男の歌手の歌を聞いて、「何かに似ている」と言っていた。そして、「愛だ、恋だという歌ばっかりで、しょうむない(仕様ない。くだらないの意)」と非難していた。

「大体、男が女に振られて、うだうだ言うのは、だらしないのに、そんな歌ばっかり」とも。日頃は、ぽわ ~んとして天然だが、時々鋭いことを言うのが常だった。そして、のたまうには、「そうそう、最近の男性歌手の歌は御詠歌に似ている」と。

今、ラジオから流れている男の歌手の歌を聞いていると、確かにそんな感じをしないわけでもない。内容も、確かに、うだうだとした内容が多い。なるほど、母の指摘は確かだったようだ。天国で、「そうやろ。そうやろ」と言っているような気がした。

|

« 中華料理店は大丈夫か | トップページ | 世の中の不思議 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中華料理店は大丈夫か | トップページ | 世の中の不思議 »