« 大きなサツマイモ | トップページ | 何かに似ている »

2009年11月16日 (月)

中華料理店は大丈夫か

今日の朝から、急に寒さが増して、本格的な冬到来の感じである。これからは、温かい鍋物が楽しみだ。流風、やはり食べることには関心が強い。贅沢はしないが、食材には、まずまず、それなりにお金をかけているかもしれない。

さて、話は変わるが、数ヶ月前、知り合いから、「流風さん、最近、どうも中華料理店がまずい気がするが、どう思うか」と聞かれた。最近は、あまり外食しないので、即答は避けたが、確かに、たまに外食すると、おかしいと感じることはある。

例えば、料理の質が落ちていると感じるのである。神戸市内の中華料理店で、彼の言うことを確認しながら、食してみると、確かにおかしい。価格は、変わっていないか、むしろ若干上がっているのに、味が落ちている。どうも料理人が変わった感じだ。

ある店は、以前、リーズナブルな価格で、比較的美味しい料理を出していた。しかし、味がどうも違うし、料理も雑な感じがする。出来たての料理ではなくて、出来合いの料理を温めたのではと、勘ぐりたくなるものなのだ。

別の店では、定食を始めたのはいいが、素材の質を落としている。料理人に代わりはなさそうだが、なぜ素材を落とすのか。外食における素材のコストは、そんなに大きくないはずだ。コストダウンの仕方を間違っているのではないか。

更に、もう一つの店は、店舗を改装して、きれいになったが、味がぐっと落ちた。店名は同じだが、経営者も、料理人は代わっているようだ。以前、穴場として、よく利用していたのに残念。もう、誰も連れて行けない。

そして、つい最近利用した店も、たびたび利用していた店だが、料理人が、ここも代わっていた。なぜこんなに料理人が代わるのか。いいように代わるのなら許せるが、みんなグレードダウン。

これは経営の何かが間違っている。確かに、客の入りが悪いから、人件費を削っているのかもしれない。だが、顧客からすれば、店の都合で、味を落とされれば、ますます利用出来ない。

まさに悪循環のサイクルに中華料理店は嵌ってしまっているのかもしれない。これは、案外、外食全般に言えることかもしれない。

*追記

もちろん、流風の利用する店は、庶民的な店で、決してグルメと言えるような店ではない。探して、それなりにお金を出せば、美味しい店はあるのだろう。しかし、こう軒並み、いい加減な店が増えてくると、探す意欲も萎える。

|

« 大きなサツマイモ | トップページ | 何かに似ている »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大きなサツマイモ | トップページ | 何かに似ている »