« お酢と健康 | トップページ | 2009年末の準備をしながら »

2009年11月12日 (木)

奨学金のあるべき姿

最近の奨学金は、どうも意味が異なるようだ。昔は、学業の優秀な学生が、家庭の事情で、進学できない場合、奨学金を得て、学べるようにするシステムだった。もちろん、奨学金だけでは、生活が成り立たないので、多くは、篤志家という人たちが、住み込みなどさせて、家の手伝いなどをさせて支援した。

また戦前は、同じく貧しい家庭の子弟で、学業が優秀な人たちは、教育師範学校を選択した。そこでは、国が生活費丸抱えで、支援した。もちろん、その行く道は限られたが、多くの優秀な子弟が埋もれずに活用できるメリットがあった。

ところが、最近の奨学金を受ける人は、必ずしも、そういう人たちばかりではなさそうだ。奨学金によっては、学生ローンの意味合いが強い。果たして、奨学金と呼ぶのが適切かどうか疑問である。そして、多くの学生が社会人なってからも、必死に返済せず、いい加減に踏み倒しているということだ(*注)。

これはどうも変だ。本来、学業に励むつもりのない学生が進学すること自体、問題なのだろう。変なことだが、奨学金制度が、それを煽っている。基本的に、本当に優秀な学生でない限り、奨学金が受けられないような仕組みに戻すべきだろう。そして、他者から支援を得る意味を十分わかってから、奨学金を申請してもらいたいものだ。

*注

「奨学金」という名のローンを借りたという意識が薄いから、こういう問題が起こる。本来、返済不要の「奨学金」と「進学ローン」の意味合いが強い借金「奨学金」は名称をを分ける必要がある。本来、借金を奨学金とするのは明らかにおかしい。考え方によれば、詐欺行為に近い。

|

« お酢と健康 | トップページ | 2009年末の準備をしながら »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お酢と健康 | トップページ | 2009年末の準備をしながら »