« 家庭菜園は、いつから始めるか | トップページ | マンションババ抜きの時代 »

2009年11月27日 (金)

ほうれん草の季節

冬場のほうれん草は、美味しい。湯がいて、鰹節やゴマをかけて食することが多い。子供の頃は、母から鉄分が多いので、ポパイのように強くなれると、無理やり食べさせられた。しかし、当時は、あまり好きではなかった。それはトマトや人参の比ではない。

やはり、ほうれん草は大人の味だ。最近は、よく食するようになった。湯がいて食べる他に、湯がいたものをオリーブ油やゴマ油等で炒めている。炒め方で、相当風味が違ってくる。子供の頃は、ほとんど湯がいたものばかりだったから、好きになれなかったのかもしれない。

湯がいたものは、一度では食べきれないので、冷蔵したり、冷凍している。冷凍したものは、解凍したのは、あまり美味しくないが、炒めると問題ない。まあ、今の時期は、冷凍しなくてもいいので、毎日、より美味しく頂ける。しばらくは、ほうれん草が食卓をにぎわすことになる。

|

« 家庭菜園は、いつから始めるか | トップページ | マンションババ抜きの時代 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家庭菜園は、いつから始めるか | トップページ | マンションババ抜きの時代 »