« 日本の財政危機を例えると | トップページ | ビジネスを動かすには その一(リフォーム) »

2009年12月 2日 (水)

景気対応を考える

日本銀行は、資本市場に10兆円の資金供給をするそうだが、BIS規制により、自己資本を高めなければならない金融大手の市場資金吸収に伴う資本市場の窮屈さは解決されるかもしれない。

ただ資金供給は有効だが、これで不況(流風は不景気だとは思わない。欧米と比べると、一時的な景気後退にすぎない)が解決するわけでもない。欧米の不況は、まだまだ続くし、単に資金の問題で、不景気を解決することはできない。円高は、今後も、進行していくだろうし、毎年、ヘッジファンドの決算に合わせて、このような騒ぎをするだろう。

補正予算拡大が必要だと騒ぐ国民政党に無能さを感じる。あれは自民党と同じ。マスコミは騒ぎ過ぎだ。明らかに、彼らは利用されている。それはなぜか。それはスポンサーに輸出企業が多いからだろう。もう一つは、海外に投資している人が、円高になって困る人々が騒ぐからだ。経済評論家は、投資評論家になっている。

政府は冷静に対応すればいい。税収は、本年度は確かに落ちているが、来年度は回復するだろう。あまり悲観的になる必要はない。但し、円高傾向は変わらないので、それに対応する方策は考えておく必要がある。

*追記

民主党は、参議院の運営の困難さから、国民新党に妥協せざるを得ないのなら、国民新党を切り捨てたらいいではないか。目に余る国民新党のやり方に、国民は軽蔑している。改革に逆行する彼らのやり方は決して是認できない。

国民新党の要求した過大な補正予算は、結局、国民に大きくのしかかってくる。亀井氏は、多くの恨みをかって、自らの首を絞めることになるだろう。来年の参議院選挙後、彼らは政府にいないだろう。

|

« 日本の財政危機を例えると | トップページ | ビジネスを動かすには その一(リフォーム) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の財政危機を例えると | トップページ | ビジネスを動かすには その一(リフォーム) »