« ビジネスを動かすには その四(部品産業化) | トップページ | 漢詩『山中即事』 »

2009年12月19日 (土)

女性のオス化現象

仕事のできる女性は、どうしても男性化する。これは今に始まったことではなかろう。仕事ができたかどうかは不明だが、戦前の歌にも、“うちの女房にゃ、髭がある”というのがある。歌詞はネットで確認してほしい。

強くなって男性化した嫁さんのことを自嘲気味に歌ったものだ。杉狂児と美ち奴という人が掛け合いで歌っているコミカルな歌だ。戦後生まれの流風も、子供の頃、歌の調子がいいので、ラジオから流れるのを聞いて、よく歌った。母は嫌な顔をしていたが(笑)。

ところで、最近、某電機メーカーが、独身女性500人に対して、自分が男性化しているか調査したらしい。面白い企画を考えたものだ。企画したのが、女性かな。自分のオス化と同じ程度の人が、どれくらいいるか知りたかったのかもしれない(笑)。

確かに、最近は、女性の社会進出に伴い、周辺の女性は男性化した女性ばかり。皆、しっかりしている。そして、男は、逆に流風も含めて頼りない(苦笑)。でも、これは平和のなせる業か。男というのは戦争の時にしか、男を発揮できないのだろう。

いいのか、悪いのか。それでも、平和の方がいいだろう。でもなあ、付き合う前もオス化した女性で、結婚後もオスとなれば、変な感覚(笑)。それに付き合う前は女性でも、いつかオス化する女性。いずれにせよ、男は、あまり女性に対してロマンチックな夢を見てはいけないということだ、若い男性諸君。男はロマンチックだからねえ。

それでも、男としては、女性のオス化を当面容認しますかな。ところが、彼女らのオス化は、本質的なものではない。あくまでも、「男化」だ。男だと思って、話していたら、女性の顔が、臨機応変に出てくる。上手に男と女を使い分けるから、厄介だ。

ここら辺が、男を悩ませる。こうなると、帰国子女と付き合う感覚でいないと、いけないのだろう。やまとなでしこは、もう遠い夢物語というか、幻想なのだろう。まあ、過去に、やまとなでしこが、いたかどうかもわからないけれど。

|

« ビジネスを動かすには その四(部品産業化) | トップページ | 漢詩『山中即事』 »

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビジネスを動かすには その四(部品産業化) | トップページ | 漢詩『山中即事』 »