« ビジネスを動かすには その六(家具市場) | トップページ | 毎年、文学賞は必要なのか »

2010年1月19日 (火)

小儲けのすすめ

確か福沢諭吉が言っていたのだと思うが、「学問のすすめ」ならぬ「小儲けのすすめ」がある。「小儲けのすすめ」とは、文字の通り、小さく儲けることである。なぜ彼が、そういう発言しているのかはわからないが、推定すれば次のようなのだろうか。

すなわち、大儲けするには、それなりの知恵を出さなくてはならぬ。そして、儲けを大きくするには、尋常の知恵では無理だ。だが、知恵を出したとしても、知恵の通り、世の中が動くとも限らぬ。つまり、リスクは大きいのだ。

リスクを小さくするには、誰にも分からないように動いて、利益という獲物を捕まえなければならない。他人に気付かれたら、その時点で、オジャンだ。結局、大きい風呂敷の中で、何を目指しているのか、分からないようにする。

それは何かと気苦労も多く、成功率も低い。ということは、小さく儲けて、それを続けていく方が確実だ。小さく儲けるのは、手間暇がかかるが、大儲けより、最終的にはいいということだろう。商人は、手間暇を嫌がってはいけない。

つまり普通の人より半歩先の知恵を出すが、それ以上は出さない。だから、楽しては、儲からないだろう。でも、誰も警戒しない。静かに、そして確実に儲けを得るのだ。ありふれた商売の中で、半歩先を行く商売を目指したいものである。

*注

もちろん、半歩先に行くというのは、その商いが世間に見えるということ。経営者は、ある程度、それより先のことを読んでおかなくてはならないのは言うまでもない。

|

« ビジネスを動かすには その六(家具市場) | トップページ | 毎年、文学賞は必要なのか »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビジネスを動かすには その六(家具市場) | トップページ | 毎年、文学賞は必要なのか »