« 郵政は、都市部と地方を分割に | トップページ | 米断ちの物語の教訓 »

2010年2月26日 (金)

トヨタ、頑張れ!

米国で、トヨタの車が事故を起こして、その処理を怠ったとして訴えられ、トヨタの社長は、ついに米国議会の公聴会にまで足を運んだ。問題の根本は何なのか。自動車の品質に問題があったのか。それはハードなのか、ソフトなのか。また訴えた側に問題はなかったか。

こういう問題は、あらゆる企業に起こりうる。流風が思うに、トヨタの品質管理はしっかりしているから、ハード面での問題は考えにくい。制御系の問題も指摘されるが、多くの試行はされているだろう。そこに問題が生じなかったとすれば、原因は藪の中と言うことになる。

ただ、車の文化も、かなり年月が経つ。使用者は、運転操作のあるパターンが刷り込まれているだろう。仮に、トヨタの車が、環境車対応として、新しい操作システムを導入していれば、使用者は戸惑うかもしれない。実際はどうなのかわからないが、そういう部分での行き違いがあった可能性はある。

環境に優しい車づくりと、新しいシステムの啓蒙活動のバランスが悪かったのかもしれない。以上は、流風の独断の推定だが、いずれにせよ、トヨタは原因・結果を明確にして、実態を明らかにして、公表すればいい。もともと品質管理は、お手の物なのだから、その範囲を顧客レベルまで、拡げて、更なるバージョンアップしたトヨタを世界に見せて欲しい。

トヨタ、頑張れ!

|

« 郵政は、都市部と地方を分割に | トップページ | 米断ちの物語の教訓 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 郵政は、都市部と地方を分割に | トップページ | 米断ちの物語の教訓 »