« 名古屋市、緑地保存域導入 | トップページ | 低体温の女性たち »

2010年3月 3日 (水)

体調回復とおかゆ

本日、2本目の投稿。

やっと胃腸が正常になった。二週間ほど、不愉快な状態が続き、これは悪い病気かなと、少し心配になったが、回復した。やはり体力が落ちているのだろうか。しかし、なぜよくなったのかもわからない。膨満感から始まり、屁が多発し、いろいろ試した薬が悪かったのか下痢になり、それから急速に回復した。

この間、困ったのは、やはり食事。食欲は全くなかったが、何かを摂取しないと余計によくいけないと思って、おかゆを作ることにした。実は、流風は、おかゆを作るのが得意ではない。生前、母の介護で、指示通りつくるのだが、いつもうまくいかず、母を満足させることはできなかった。

終わりごろには、もうお手上げで、おかゆメーカー(象印製)なるものを買って試してみたが、母はそれでも不平を言っていた。生涯、おかゆで、母を満足させることはできなかった。

そして、今回、あまり使わなかった、その、おかゆメーカーを取り出して、おかゆを作ってみた。もちろん、普通の電気釜でも、作れるらしいのだか、作ったことはない。おかゆメーカーがあるのだから、折角だから、それを使ってみた。

これはご飯からでも、お米からでも、作ることが出来るので便利だ。水加減で、いろいろなおかゆを作ってみた。出来は、母だったら満足できないのだろうが、流風には上出来。これと梅干しで、何日も過ごした。これなら、おかゆを簡単にできる。

以前、朝は、おかゆにしようと思っていたのだが、邪魔くさくして、実現していなかった。塞翁が馬というか、今後、この、おかゆメーカーを使って、朝食に利用してみようと思う。

|

« 名古屋市、緑地保存域導入 | トップページ | 低体温の女性たち »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋市、緑地保存域導入 | トップページ | 低体温の女性たち »