« 地方に、高価な海外美術図書は必要か | トップページ | 若い人の資産形成 その四 付記 »

2010年3月31日 (水)

若い人の資産形成 その四

従来、流風は、株式投資に対して、懐疑的な見解を述べてきた。しかし、この見解は、見直す必要があるかもしれない。個人投資家にとって、環境が整ってきたと言えるかもしれないからだ。よって、今後は、若い人たちは、資産形成に、ある程度、株式投資をすることに対して、否定はしない。

まず、企業が株の持ち合いを減らしたのは、少し前からのことであるが、更に、企業が株を持つことを減少させていることが、個人にとってチャンスと言えるからだ。もちろん、銘柄の選定は重要だが、資産形成の一つの手段として、これから重要になる。

もう一つは、国が多大の借金を抱え、最早、増税とインフレ政策を取らないといけない状況にあることだ。通常、インフレになれば、物価を安定させるため、政策金利を高めに誘導するはずだが、国債残高の多さが、それを困難にする。結果的に、緩やかな金利上昇になる。

となれば、インフレ昂進のための防衛策として、株式投資については、ある程度貯まった段階で、純資産の一定額を、優良株に長期投資するのが望ましいかもしれない。ただ一部限定の優良株の資産株としての集中投資は、今後リスクが高いだろう。昔は、資産株というものがあったが、現代では、資産株と呼べるようなものはない。よって機関投資家がやるような分散投資が望ましい。

優良株といえども、常に再評価して、持ち株調整しないと、予定した収益は稼げるとは限らない。すなわち、利益の変動を組み込んでおかないと、予定収益を確保できない可能性がある。よって、分散投資が望まれるのだ。

また、頻繁な売買も勧めない。ただ、予測以上に値上がりすれば、利益を確定することも、いいとは思う。それから売買益が予定通りになるほど、個人は情報を持っていないが、大まかな売買利益率を決めておくことは大切だ。現在であれば、半年か1年ごとに見直していけばいいだろう。

そして、更に余裕資金があるなら、これから、投資するとなると、リスクを十分勘案しながら、やはりエマージング諸国ということになる。もちろん、十分、商品の見極めをして、理解できないものには投資しない姿勢が求められる。また投資信託に関しては、見かけの利回りはいくら高くても、大きな落とし穴がある場合が多いので、投資は勧めない。

以上、数回にわたって、若い人の資産形成について、触れてきた。若い人の強みは、時間があることだ。少しずつ時間をかけて資産を増やしていく発想がいい。少しずつ定額投資もいいかもしれない。いずれにせよ、財産三分法の観点は、長期的視点で考えることがポイントのようだ。

*注記

流風は、現役時代、株式投資はしなかったので、上記の意見は正しいかどうか、わからない。だが、流風が若かったら、そのようにするかもしれない。また、予想される経済状況は、あくまで予測であるので、確定的なことは申し上げられない。投資は、自己責任で行っていただきたい。

|

« 地方に、高価な海外美術図書は必要か | トップページ | 若い人の資産形成 その四 付記 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地方に、高価な海外美術図書は必要か | トップページ | 若い人の資産形成 その四 付記 »